塗り絵で背景の色を決められない理由


最後まで白い背景を残したまま塗っているから

こちらの塗り絵は約1年前にインスタグラムに投稿したものと同じページを今日、写真に撮ったものです。

左側のページと統一性のある背景にしようと思っていたのですが、なかなか手が付けられないので、このページだけ先に完成させようと思っているのに、背景の色が決められない、という状態の塗り絵です。

画像:「ふしぎな王国」2ページ目の塗り絵

背景の色が決められない一番大きな理由は、「背景=白色の固まり」として、頭の中で隔離してしまっているのが原因だと思います。この「白色」が基準となり、他の部分を塗る時に「白がある」ことを前提にして配色してしまうのですね。そうすると、「白がなくなった時」にバランスが崩れて全体の印象が変わってしまうのを受け入れられない、という感覚に陥ってしまいます。

最初は、ジャングルの奥、深い緑系の背景をイメージしていましたが、「全体に緑色の絵」という印象が強くでてしまい、焦点がぼやけてしまう。今すぐ色を付けなければならないとしたら、真っ黒な背景にします。でもそれは妥協であって、絶対に避けたい色です。この塗り絵を塗っていた時の楽しい感覚を壊したくないので、今もこのまま、白い背景を残しています。

そもそも完璧に仕上げなければならない理由など何も無いので、もうずっとこのままでもいいかなあと思い、今回ブログの記事にしました。このぬりえブックは、自然な白色の紙で、色鉛筆も水彩も明るい素直な発色になり、イメージした色を表現しやすいです。モチーフの大きさが塗り絵として塗りやすい大きさになっていて、絵もかわいくて大好きなぬりえブックです。


商品リンク

コメント