水彩で下塗り~物語のある美しい塗り絵「不思議の国のアリス」~


グレージング風の下塗り


夏の暑い日に涼しさを求めて寒色系で影を塗り、花などに赤・黄色系を足したもの。グレージングという、先に白黒で明暗を付けてから、透明度の高い色を重ね塗りしていくという技法をイメージして塗り始めたのですが、意外と紙の表面が水に弱くて毛羽立ちやすく、しつこい重ね塗りには向いていませんでした。画面左端の、濃いめの緑色部分が少々毛羽立ってしまい(乾いてから別の色を重ねて塗るというのを10回ぐらいやりました)、水を使う画材で重ね塗りするとしたらアクリル絵具しかないかなあという状態になってしまいました。透明水彩でも、樹脂成分が多く配合されているブランドの物だったら、大丈夫かもしれません。ほかには、初めから染料系インクを使うと良いかも。今回、筆はとても柔らかい白色の彩色筆を使いました。

というわけで、この続きは色鉛筆で着色していこうと思いつつ、油性にするか水彩色鉛筆にするかで迷って、なかなか再開できないページです。夏の感覚が残っている間に仕上げたいと思っています。

使用画材:マッチブライトカラー


商品リンク


物語のある美しい塗り絵 不思議の国のアリス: 色どりのワンダーランド (大人の塗り絵シリーズ)
  • 作者:グッドワイヴスアンドウォリアーズ
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日: 2015-11-18

英語版はこちら。(本の大きさが違います)
Amazon: Escape to Wonderland: A Colouring Book Adventure (英語) 

以前書いた記事、ダークファンタジー?シェイクスピア作品を題材にした、ぬりえブック【洋書】の中で紹介しているものと同じシリーズのぬりえブックです。

コメント